レーザー育毛

レーザー育毛の内容

レーザー育毛の内容を知りたい人はおそらく薄毛や抜け毛に悩んでいる人ではないでしょうか。レーザー育毛が登場してからこれまでの育毛のイメージであった育毛剤を毎日地道に塗り続けてケアをしていくというものが変わりつつあり、レーザーで育毛ケアをする人が多くなっています。

 

 

レーザー育毛ではどのようにして行われているのかと言いますと、まず低出力のレーザーを使って頭皮に照射し、頭皮の血行を促します。頭皮の血管を広げる効果があり、頭皮の血行を改善させる事によって、育毛・発毛を促進するのがレーザー育毛のざっくりとした説明となります。頭皮にある毛穴を刺激して毛を成長促進させる作用がある毛乳頭や毛母細胞があり、そこを活性化させ育毛や発毛の効果を上げます。

 

 

レーザー育毛の具体的な方法は人体に害の少ない低出力のレーザーを出す発生器を使用して一日約5分から10分くらい、薄毛や抜け毛が気になる部位に低出力レーザーを照射してやります。このレーザーによる育毛ケアを週に3回から4回くらい実行する事によって効果が期待されます。

 

 

ところが、レーザー育毛器においては、すでに活動を停止してしまった毛穴、これはつまりハゲてしまった頭皮のことなんですが、この部分についてはレーザーの育毛効果は期待できない可能性が高いと言われています。活性化させるべき毛乳頭や毛母細胞が死んでしまった状態では、レーザーで刺激を与えても為す術が無いという事になってしまいます。

 

 

この点だけはレーザー育毛を行うにあたって知っておく必要がある注意点であるとされています。レーザー育毛で効果が上がる条件としては、弱った頭皮の毛穴を活性化させる点にあるということを覚えておくと良いでしょう。

 

 

 

 

>>芝崎プロポーションクリニック発毛DVDはこちら<<